着物リフォーム・ドットコム|着物について

HOME > 着物について > やってはいけない自分でのお手入れ

やってはいけない自分でのお手入れ

  • 着用時に水分や油分、何かわからない汚れなどが付いてしまった場合・・・・
    着用時ならば、その部分を乾いたタオルもしくはふきんで軽く押さえる程度にして下さい。
    間違っても、拭き取ったり・擦ったりする事は絶対しないで下さい。
    着用時、何が原因か解からないシミ、汚れが付いた場合・・・・
    むやみに触らず、擦らずそのままにして下さい。
    着用後に汚れやシミに気づいた場合・・・
    着用後はそのシミや汚れは既に乾いてしまっていたり、どんなものが付いているのか不明です。
    どんなに簡単に取れそうなシミや汚れでも、自分では触ってはいけません!!
    自分でアイロン掛けをしないでください。
    シミや汚れは目に見える物とそうでない物があります。
    どちらの場合でもアイロンの熱により、変化を起してしまいシミが変色する恐れがあります。
    又、スチーム機能を持ったアイロンでは、きものの生地を伸縮させ「ダブリ・縮み」により
    お仕立て寸法を狂わせてしまいます。
    できるだけ早くきものを専門的に扱っているお店へ連絡してください。
    シミや汚れは時間の経過と共に変化していきます。
    ○付いてすぐのシミ・汚れ→→→落とす手間が掛からない、比較的安価である。
    ○長期間放置されたシミ・汚れ→落とす手間が掛かる又は落とせない、結果的に高価となる
    なぜ他サイトなどでは自分でのお手入れやシミ抜きを説明しOK!と謳っているのに、
    このサイトでは自分で触ってはいけないのか?を説明いたします。
    まず、他サイトでは「自分で出来るお手入れ方法」などと簡単に表記されていており、親切にお手入れに必要な物から工程に至るまで細かく説明されているものもありました。
    確かに付いてすぐの水溶性シミや汚れなどは比較的簡単に取れるはずでしょう、しかしこの比較的簡単にと言う言葉は、あくまでもきものに関する専門的な知識を持った者の言葉なのです。
    きものは基本的に絹で出来ています。
    (最近では洗えるキモノといって化学繊維で作られたきものもございますが・・・)
    この絹という繊維は、他の繊維とは違い摩擦に非常に弱く水分を嫌います。
    そこで、皆様が着用時、汚れやシミが付いた時、大体される事はなんでしょう?
    水を含ませたハンカチやタオルをきものにトントントンと叩いたり、擦ったりしませんか?
    その行為こそが、間違いであり一番やってはいけない事なのです!!
    汚れやシミを取ろうと水分を含んだ布などでむやみに擦ってしまいますと擦った部分が白く擦れてしまいます。(この状態を私たちはスレと呼んでいます。)
    そして、ひどい場合は生地を傷めてしまいます。
    スレは軽い状態であれば地直しをすれば元の状態にまで直すことも可能ですし、後に染替えを希望されたとしても違和感なく仕上がるでしょう!
    しかし、ひどく擦られた場合は地直しをしても元に戻す事が不可能となり、生地自体を傷めてしまった場合は直す事もできず、染替えたとしても生地の損傷は残ってしまいますので、大切なきものであっても着用する度に、「どうしてあの時、自分で触ってしまったのだろう・・・」と悔しい思いをされる事でしょう。
    そうならない為に、シミや汚れに気付いたら自分で何とかしようと思わず、素早く私共にご連絡下さい。
    きっとお役に立てることと思っております。

ご質問・お問い合わせはコチラまで

ページトップへ
ページトップへ