着物リフォーム・ドットコム|着物について

HOME > 着物について > 日常のお手入れ方法

日常のお手入れ方法

  • 虫干しの方法
    着物の虫干しは基本的に年に2回、春と秋に行う事が理想的でしょう。
    お忙しい方でも年に1回だけは行ってください。
    (きものを干す時はきものハンガーもしくは洋服のハンガーで構いません)
    ○湿気の少ない良く晴れた日に日のあたらない陰で干す事。
    (日光が当たる所では着物が焼けてしまうので絶対に避けてください)
    大体、1〜2日干していただければ良いと思いますが夜間は比較的、湿気がありますのでタンスにしまうのはお昼間が良いでしょう。
    この1点をお守り頂いて虫干しする事でカビや黄変色を防ぐ良い手立てとなります。
    定期的に虫干ししてチェックしていれば、 すでにカビが生えていた場合でも、素早くご連絡頂く事ができれば比較的直しやすくきものにもお財布にも負担が掛かりません。
    きものを着用になられた後
    きものを着用してお出かけになった後、ご自宅で1の虫干し同様にハンガーにきものを掛け、検品方法にならって、シミや汚れが付いていないかチェックします。           
    着用後は思ってもいない所にシミや汚れが付いている事が良くあります、全体をくまなくチェックしてあげてください。きものにシミや汚れがあっても無くても意外に発汗している事がありますので半日及び1日程度は陰干し・風通しをしてあげてください。                
    勿論シミ・汚れがあった場合はご連絡を・・・・

ご質問・お問い合わせはコチラまで

ページトップへ
ページトップへ