着物リフォーム・ドットコム|加工方法

染替え

たき染め

主に柄の無い色無地の着物を染める場合に用いる染め方法。 釜で熱した染料に浸け込み希望色となるように染める。 濃い地色の生地を染め替える場合は地色を抜染(色抜き)することが必要。 薄い地色の場合は染め色により抜染を行う。
35,000円

目引き染め

たき染めと同じ手法。 主に柄の有る着物を染める場合に用いる染め方法。 シミ抜き困難なシ ミを染め色で隠したり、柄を生かす染め方法だと染め色に対して柄色が浮いてしまう等の場合、生地全体及び柄色を抑え、落ち着いた(地味)色目にする事を目的とする。 又、小紋などで柄に染め色が掛かっても支障が無い場合。
35,000円

引染

刷毛で染料を引いて希望色となるように染める。柄の有無は問わず、染められる手法。 生地内部まで染料は染み込み表裏とも染め色に染まる。 柄の無い場合、単なる「引き染め」となる。 柄の有る場合、柄伏を行い柄伏部分の上に刷毛を引く事で同様に「引き染め」となる。 又、柄伏部分の周りを避けて(ぼかして)染める事も可能。
この場合、名称は「ぼかし染め」もしくは「巻きぼかし引き染め」となる。
おおよそ45,000円程度

しごき染

糊を混ぜ合せた染料を刷毛で引き染める。柄の有無は問わず、染められる手法 糊を混ぜ合わせている為、生地表面部分のみ染まり、裏は染まらない。 染めムラや元シミの浮き出がこれまでの染め方法とは格段に少なく有効的な染め手法。 柄の無い場合は、単なる「しごき染め」となる。 柄の有る場合は、生地全体にフィルムを貼り付け、柄の形の通りカットし刳り貫いた後、 刳り貫かれた部分の柄を染まらないよう糊伏し、全面に染料を刷いて染め上げ後、 柄の糊伏を除去すれば、柄色は染め前のままを保つ事ができる。
※詳しい費用はお見積にて対応いたします。

ぼかし染

※詳しい費用はお見積にて対応いたします。

タタキ染(蝋たたき・抜染たたき)

柄の有無に関係なく用いる染め手法。 染めムラや元シミの浮き出がこれまでの染め方法とは格段に少なく有効的な染め手法。 黄色く変色したシミが多く、シミ抜きが不可能な場合にシミを目立たなくする事ができる 例外として付下げなどワンポイント柄であれば「ぼかし染め」と複合して行う事ができる染め手法。(名称は「ロウたたき巻きぼかし染め」となる) ・蝋(ロウ)たたき染めとは、 生地全体に蝋(ロウ)で染料が入らない様に「吹雪」を吹き付けた後、希望色に染め上げ 蝋(ロウ)を除去すれば蝋(ロウ)を吹き付けた所は、元の地色もしくは白色で小さな斑点模様を浮かび出させる手法。 ・抜染(ばっせん)たたき染めとは、 希望色に染め上げた後に、抜染剤を生地全体に吹き付けて、吹雪状に染め色を抜いて 白色の小さな斑点模様を出させる手法。 柄の有る場合は柄の中も抜染する。
※詳しい費用はお見積にて対応いたします。

黒染め

黄ばんで色褪せした状態の黒留袖の色を黒く戻す為に染め直す、及び色留袖を黒留袖に 染め替える場合に用いる染めの名称。 染め手法は、「たき染め」が最適な手法。 留袖には柄が有る為、「柄伏加工」が必要不可欠。 又、紋は「紋直し」よりも新たに「紋入れ」を行う事も必要。 柄の種類により「糊伏」もしくは「ゴム伏」を使用する。
詳しい費用はお見積にて対応いたします。

ページトップへ

シミ抜き

1箇所2,000円 〜となります。
シミの程度・状態により異なります。
※必ず見積致します。

ページトップへ

京洗い(丸洗い)

京洗い(丸洗い)とはお仕立て上がりの状態で一枚ずつ溶剤で洗う事を言います。
その手法は各業者により様々です。
着物リフォーム・ドットコムでは、まず検品をした後に部分的手洗いし、
その後で全体的に溶剤で洗います。
当社では検査丁寧さを徹底し、満足のいく丸洗いに仕上げます。
価格
留袖・振袖 10,000円、袷きもの 8,000円、紬・大島紬 9,000円、襦袢 6,000円
コート・羽織 7,000円

ページトップへ

柄足し

5,000円〜 
(柄の大小/種類などにより異なります。)
※必ず見積致します。

ページトップへ

金銀彩加工

 

ページトップへ

かけつぎ

3,000円〜 
(穴や破れの大小/程度により異なります。)
※必ず見積致します。

洗張り

反物の状態でする工程の一つで、石鹸と水を使い汚れを落とします。
張りとは生地に張りを与えてしっかりと均一に伸ばす事を言います。
仕立て直しや染め替えの前工程として、洗い張りをしておくと大変奇麗に仕上がります。
価格
留袖 15,000円、振袖 14,000円、袷きもの 12,000円、紬・大島紬 13,000円、
襦袢 8,000円、コート・羽織 10,000円

ページトップへ

仕上げプレス加工

 

ページトップへ

染め関連加工

 

ご質問・お問い合わせはコチラまで

ページトップへ
ページトップへ