黒染め

黄ばんで色褪せした状態の黒留袖の色を黒く戻す為に染め直 す、及び色留袖を黒留袖に 染め替える場合に用いる染めの名称。
染め手法は、「たき染め」が最適な手法。
留袖には柄が有る為、「柄伏加工」が必要不可欠。
又、紋は「紋直し」よりも新たに「紋入れ」を行う事も必要。
柄の種類により「糊伏」もしくは「ゴム伏」を使用する。
そして、喪服などの黒染めの場合には、「紅下・藍下」 という 黒をより黒く染める為の昔ながらの染めの手法があります。
最近では、黒に染めた反物を薬品を使ってより深い黒を出している物が主流ですが、 「紅下・藍下」の場合には、一度「紅色」や「藍色」に染めた上に黒染めをする事で、 単に黒く染めただけの黒では出せない自然な深い黒を表現できます。
手間とコストが余計に必要ですが非常に綺麗な黒い色が出せる為、大変喜ばれます。

黒染め写真

「紅下」

「藍下」


ご質問・お問い合わせはコチラまで

ページトップへ
閉じる