しごき染め

糊を混ぜ合せた染料を刷毛で引き染める。柄の有無は問わず、染められる手法 糊を混ぜ合わせている為、生地表面部分のみ染まり、裏は染まらない。
染めムラや元シミの浮き出がこれまでの染め方法とは格段に少なく有効的な染め手法。
柄の無い場合は、単なる「しごき染め」となる。
柄の有る場合は、生地全体にフィルムを貼り付け、柄の形の通りカットし刳り貫 いた後、刳り貫かれた部分の柄を染まらないよう糊伏し、全面に染料を刷いて染 め上げ後、柄の糊伏を除去すれば、柄色は染め前のままを保つ事ができます。

黒染め前

それぞれ2枚共、白地の部分が色褪せし黄ばんだ感じのきものです。
そのままでは、着用できにくい状態です。
柄に色が入らない様に柄を伏せた後、白地の部分だけが染まるように 「しごき染」を用いて色を染めます。

黒染め後

大小の異なる柄を丁寧に伏せることによって、柄色を生かしつつも 元々白地だったところに綺麗な黒い色が染まりました。
柄も以前より映えた感じがします。
金彩加工柄は染め後に改めてお直しを致しました。

黒染め後

表側は黒く、裏側は、白い状態で染め上がっているのが御分かりでしょうか?
表裏の色の違いがはっきりと出ていますね。
これが「しごき染」独特の特徴です。

ご質問・お問い合わせはコチラまで

ページトップへ
閉じる